3/22より毎日更新中!

全国売れっ子スタイリスト連載第1回「たくさんのお客さまからの手紙が宝物」3年目/最高売上303万円/静岡県静岡市

月刊BOBの長寿連載、『日本全国売れっ子スタイリストを探せ!』。

なかなか知ることのできない、リアルに売り上げが高い美容師さんの数字や取り組みを赤裸々に取材するこの企画。2004年に「人が好き!美容が好き!」というメッセージを掲げて始まり、名前や形を変えながら日本全国の200名近い美容師さんを紹介してきました。(現在の連載タイトルは「日本全国売れてるスタイリストを探せ!」)

働き方、ライフプラン、キャリアプランのヒントが詰まっていて、掲載はいつも雑誌の後ろのほうですが反響の大きい企画です。

ボブログでは2004年の連載第1回から再編集して掲載していきます。

全国売れっ子スタイリスト連載第1回 松永佳子[felia(フェリア)/静岡県静岡市]2004年4月号掲載

松永さんの売り上げデータ

プロフィール

まつながよしこ/1979年4月13日生まれ。高校卒業後GMコーポレーションに入社し、働きながら静岡県立理容美容学校通信課程を修了。2001年スタイリストデビュー。

サロンデータ

felia(フェリア)

オープン:2002年

スタッフ数:12人

広さ:56坪

場所:静岡鉄道「草薙駅」から歩いて10分。交通量の多い道路に面する

スタイリストデビュー4か月後に152万円、3年目の12月には303万円を達成

↑拡大して見られます

松永さんが売れている理由

「お客様が、狂ったように笑ってくれるときってあるじゃないですか?」

お客様に喜んでもらうことが好き。基本的だけれど、最大の武器だ。

「お客さまが狂ったように笑うときってあるじゃないですか。そんなときや、お客さまが楽しそうにしているときが一番うれしい。思いがけない人、言ってくれそうもないような人から『よかったよ』なんて言ってもらえたらもう最高!」

技術が得意だったわけではないけれど、誰よりも練習していたとオーナーは言う。「お客様が喜ぶかどうか、それをシンプルに考えて」松永さんのすべての行動がある。中には「胃がただれるほどイヤなお客様」もいると言うが、絶対に表に出さない。

スタイリストデビュー以来、お見送りの握手は欠かさない。下に示した行動指針のように、シンプルに、お客様に喜んでもらうための、細やかな積み重ねが松永さんの売り上げを生み出している。

お客さまからの多数の手紙

拡大して読めます

松永さんの人気を示すのは、なんといってもお客様「からの」手紙。「大切な宝物です」と言って見せてくれた手紙たちからは、人気の理由がよくわかる。

 

 

いつも実行している行動14項目

デビュー半年で顧客が100人を超えた鹿児島の美容師さんが実行していた8項目が元ネタ。さらにブラッシュアップした14項目を欠かさず実行。お客様が「それほど美容の仕事が好きなの!?」と驚くという。

  1. DMは全員に書く。もらってうれしいと思われるものを!
  2. 相手のキャラに合わせたスタイル提案で、「その人にしかわからない」DMをつくる。
  3. DMに余白をつくらない。次回までの期待を持ってもらうため、今回やらなかった、次回できることを書く!
  4. 2回目以降のご来店時には、前回の感想、周囲の反応、DMの感想を聞く
  5. カルテは3色のペンで、似顔絵とヘアスタイルを記録し、お客様を覚える。
  6. 共通点を探してよく会話し、自分を強く印象付ける。
  7. 会話の中に自分の名前を1回は入れる。
  8. お客さまの名前を3回以上呼ぶ。親近感を持ってもらう。
  9. お客さまの目を見る。コミュニケーションは目を見ないと取れない!表情を確認。
  10. 美容師大好きアピール。行動、言動。
  11. 仲良くなったお客さまには帰り際の握手。
  12. 会話のネタになりそうなことを常にチェック。占いやめざましTV。
  13. 施術終了時間を予告し、時間厳守。時間を守って信頼を築く。
  14. 必ず褒める。褒められて嫌な気分になる人はいない。

帰り際の握手は満足度のバロメーター。しっかり握り返してくれれば再来するという。また来てくれたら、笑顔でヘアの話を。美容師だからこそ実感できる、お客様との関係が松永さんの仕事力を支えている。

この記事は月刊BOB2004年4月号からの引用です。

売れっ子スタイリスト連載カテゴリの最新記事