9月11日(金)9:00~ABBEY松永さんにウイッグ切りながらカットの質問答えてもらうインスタライブ!松永さんのインスタアカウント乗っ取りの話も聞いちゃいます。詳細はクリック!

月刊NEXT LEADER|2020年10月号|タイムパフォーマンスを高める

働き方改革の推進やママさん&パート美容師の戦力化にともない、経営指標として注目されるようになった「人時生産性」や「人時売上高」。その重要性は“次回予約”とともに、コロナ禍を経ていっそう高まったのではないでしょうか? 編集部では、これらの指標を「タイムパフォーマンス」と言い換え、店舗・スタイリストの“成長のモノサシ”へとバージョンアップ。時短施術、客単価アップ、シフト管理など、パズルのピースを埋めるような最適化で経営効率を高めるノウハウを紹介します。

 

\新型コロナ緊急企画/ 期間限定!『月刊NEXT LEADER』オンラインショップ販売開始のお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染長期化に伴い、美容室経営が苦境に立たされています。
店長、幹部、経営者を対象としたサロン会員専門誌『月刊NEXT LEADER』では、そんな皆さんを応援するため、会員以外の方でも期間限定(2020年9月1日~)でオンラインショップにて購入できるようになりました。どうぞサロン経営を維持するためにお役立てください。

 

目次

【特集】タイムパフォーマンスを高める

 

Introduction 美容室の新しい経営指標 タイムパフォーマンスに注目

 

以前は売り上げの高い美容室が最良とされていました。その後、生産性を問われるようになり、1人あたりの売り上げが高いサロンが優秀とされるようになりました。そしてコロナ禍の今、“時間”という観点が加わりました。

今めざすべきは「効率よく利益を上げられる美容室」。つまり、“タイムパフォーマンス”の高い美容室です。働きやすい環境やスタッフの豊かな生活。理想的な美容室を表す指標として、編集部は“タイムパフォーマンス”を提案します。

 

Front line セルフドライを導入したチョキペタのねらいとは?

 

2020年7月1日から全店で1部メニューのセルフドライを導入したのは、アルテサロンホールディングス傘下で急成長をつづける低価格のメンテナンスサロン「チョキペタ」。ドライをお客自身に任せることで、カラーのみの場合は施術時間が最短で40分程度に短縮され、人時売上高向上につながっています。そのビジネスモデルをまとめました。

 

Case1 スタッフ自ら生産性UPをめざす給与と環境整備 山中信一[Remix(リミックス)/愛媛県大洲市]

2018年以降、1人あたり8時間以下の労働時間と年収増を共に達成しているRemix。スタッフ30名に対して42種類の給与体系と働き方が用意されているというから驚きです。評価基準は「人時売上高」にあり、給与に「人時評価手当」としてプラスされます。その仕組みと仕掛けは必見です。

 

Case2 提案しないと伸びない数字だけを見る文化 井上光治[GIEN(ジアン)/大阪府大阪市]

客単価が1万5000円を超え、スタッフは全員正社員ながら高いパフォーマンスを発揮しているGIENを取材。「客単価があがった要因は、スタッフの提案力を見える化したプロジェクトシートにあります」と話すのは、井上代表。本誌では、プロジェクトシートの内容も公開してもらっています。

 

Case3 「選択と集中」で進める働き方改革 安達昌人[Primo rico(プリモ リコ)/佐賀県佐賀市]

タイムパフォーマンスの向上のため「自動化」と「早期育成」に取り組んだのは、Primo rico。結果、少ない人数で同じ客数に対応できる2交代制を導入し、店舗の定休日を毎週月曜日から第3日曜のみへ変更できたといいます。改革の第一歩は、メニュー工程の棚卸し。優先順位の設定までの方法を取材しています。

 

Case4 “時間”を武器に逆張りサロン経営 橋本幸生[Hairsalon BREEN Tokyo(ヘアーサロン ブリーン トウキョウ)/東京・原宿]

コロナ禍で最も打撃をうけたのは、都心に店舗を構える教育サロンでした。このタイミングで数百万をかけ、一気に自動化を進めたのが橋本幸生代表。「客単価にこだわるとお客さまに負担がかかる。客単価ではなく1時間に1.5メニュー、7500円の時間生産性を達成するよう意識づけています」その方策を詳解しています!

 

異業種に学ぶ1 3.5坪で500万円売り上げる大繁盛ドリンクスタンドの選択と集中 レモネードby レモニカ

異業種に学ぶ2 5分単位の作業時間分析と改善で2800万円の“ムダ”がクリアに ブックエース

“ポストタピオカ”と注目されるレモネード、実はそのブランド立ち上げや戦略は練られた普遍的なものだという。坪単価140万円超の高い生産性をほこり、2017年創業後に44店舗目をオープンした「レモネードby レモニカ」からオペレーションの本質を学びます。

①客数が多く、イレギュラーな業務が頻発すること、②整頓から接客までの業務が属人的であることが悩みだったという書店チェーンのブックエース。従業員満足と人件費削減を両立させた、実地調査による「現場の作業の数値化」を取材しています。

 

【連載】

ネクストリーダーに歴史ありvol.2

ミリオンデビューの“仕組み化”を叶えたネクストリーダーとオーナーの絆
川﨑健一[N(エヌ)/静岡県静岡市]

料金アップの事前準備と手応え[前編]

M.SLASHが有志で取り組むカット料金アッププロジェクト。コロナの影響で延期していた連載がついに再開!
[M.SLASH(エム スラッシュ)/神奈川県横浜市]

伊藤 豊のイキイキ店長講座 連載125

伸び悩んでいる部下をどうやって育てるか
伊藤 豊 [ラポットカンパニー]

【NL CATCH】Zoomを通した“リアル”でサロンをアップグレード

Rug.Jは、西日本を中心とした有力サロンの“ネクストリーダー”たちによって構成される美容団体です。それぞれのサロンの“リアル”な情報を共有し、そこからヒントを得て自社をアップグレードさせるのがコンセプト。コロナ禍で強まった新しい絆を取材しています。

熊本を救え! 支援の輪、広がる

全国各地に被害をもたらした令和2年7月豪雨。中でも熊本県は死者65名、行方不明者2名(8月17日現在)を数え、多くの理美容室が被災しています。NPO法人ウッディチキン事務局では、美容機器や美容器具の寄付を募集しています。皆様の中に余剰がある方は、以下にご連絡の上、ご支援をお願いいたします。

NPO法人ウッディチキン事務局
officewoodychicken@gmail.com

 

\新型コロナ緊急企画/ 期間限定!『月刊NEXT LEADER』オンラインショップ販売開始のお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染長期化に伴い、美容室経営が苦境に立たされています。
店長、幹部、経営者を対象としたサロン会員専門誌『月刊NEXT LEADER』では、そんな皆さんを応援するため、会員以外の方でも期間限定(2020年9月1日~)でオンラインショップにて購入できるようになりました。どうぞサロン経営を維持するためにお役立てください。

https://kamishobo.shop-pro.jp/?pid=153300626

 

バックナンバーカテゴリの最新記事