9月11日(金)9:00~ABBEY松永さんにウイッグ切りながらカットの質問答えてもらうインスタライブ!松永さんのインスタアカウント乗っ取りの話も聞いちゃいます。詳細はクリック!

黄味を感じさせない「ブロンドベージュ」のつくり方

料理本のような、ヘアカラーのレシピ本。
1モデルにつき、3メーカーのカラーレシピを掲載しているのが特徴で、書籍には16人のモデルと48レシピが登場します。
2020年3月26日に発売し今も売れ続ける『sikiのくすみカラー1行レシピ』から“黄味を感じさせないブロンドベージュ”のつくり方を紹介。

 

photo : 竹澤 輝

 

黄味を感じさせないブロンドベージュは、ベージュ選びとクリアの足し算でキマる。

sikiの「ブロンドベージュ」を表現するために、3メーカーのカラー剤のレシピを書籍から紹介します。

RECIPE1

BASE 2週間前に行った、全頭ブリーチ履歴を活かす。

ON COLOR

●根元
1剤 イルミナカラー SAFARI-10:NUDE-10:ORCHID-10(3:1:10%):CRYSTAL(等倍)
2剤 OX1.5%(等倍)

●中間~毛先
1剤 イルミナカラー SAFARI-10:ORCHID-10(3:1):CRYSTAL(3倍)
2剤 OX1.5%(等倍)

イルミナカラー/ウエラ プロフェッショナル

 

RECIPE2

ON COLOR

●根元
1剤 フィヨーレBLカラー 6MT:6GB(4:1):クリア(2倍)
2剤 OX3%(等倍)

●中間~毛先
1剤 フィヨーレBLカラー 12GNB:V10(1:10%):クリア(5倍)
2剤 OX1.5%(等倍)

フィヨーレ BLカラー/フィヨーレコスメティクス

 

RECIPE3

ON COLOR

●根元
1剤 ナシード N-MT6:N-FBe6(3:1):N-クリア(2倍)
2剤 OX3%(等倍)

●中間~毛先
1剤 ナシード N-FBe10:N-BBL10(5:1):N-クリア(5倍)
2剤 OX3%(等倍)

ナシード/ナプラ

これら3つのレシピには、sikiのカラーTHEORY №2「低明度でクリア多」の考え方が用いられています。その詳細は、書籍にて。

 

既染部の状態と髪質
全体:20Lvのブロンド
ブリーチ歴:ハイライト→2週間前に全頭ブリーチ
ダメージ:ブリーチによるダメージあり
髪質:やわらかい
太さ:細い
新生部の長さ:5mm以下
メラニンタイプ:黄

 

根元:8Lvのブロンドベージュ
毛先:18Lvのブロンドベージュ

 

4つの季節と4つの“C”

すべての季節、髪と生活に彩りを添え、四季を感じながら毎日を過ごしてもらいたい。“siki”というサロン名はそんな想いでつけられた。

フランス人の生活の楽しみとして欠かせない4つの“C”と言われるものに、コーヒー[Cafe]、チョコレート[Chocolate]、シガー[Cigar]、コニャック[Cognac]があるが、この4Cになぞらえて考えるとsikiというサロンが見えてくる。

sikiのバックルーム、コーヒーやシガーの代わりに欠かせないのは会話[Conversation]
スタッフ同士、より良いサロンにすべく議論に発展することも日常茶飯事だ。

代表は、磯田基徳と伊藤 竜。真逆のタイプの2人だが、根底にあるのは尊敬と友情[Camaraderie]
その安心感がスタッフを包み込む。

そして、最もsikiが大切にしているのはキャラクター[Character]。“人”だ。

サロンにくる女の子たちが本当に求めているものを追求したら、ハイトーンでもナチュラルに見える、くすみカラー[Color]という新ジャンルに辿り着いた。

スタッフの本当の幸せを追求したら、スタッフが自ら輝きだし、離職率ゼロを継続している。
すべては、その人のキャラクターを引き出すため。人ありき。

そんなふうに女の子たちの内面を引き出すくすみカラーを1行レシピから連想する本書。想像力を膨らませて、楽しみながら読み進めていただけたら幸いです。

sikiのくすみカラー1行レシピ/siki/¥3,800+税(髪書房)

磯田基徳(siki)
いそだとものり/1988年5月26日生まれ。窪田理容美容専門学校卒業。都内2店舗を経て2017年11月、渋谷区渋谷にsikiをオープンさせる。2018年11月に伊藤 竜氏とダブル代表で渋谷区神宮前にsikiを拡張移転。フォトコンテストの受賞歴多数。圧倒的なリーダーシップとブランディング力でsikiのスタッフを牽引する。

伊藤 竜(siki)
いとうりゅう/1991年6月19日生まれ。日本美容専門学校卒業。都内2店舗を経て2017年11月、sikiに参加。2018年11月、磯田基徳氏とともにsikiをリニューアルオープン。ブリーチ技術を駆使した中間調が絶妙なミルクティーカラーを得意とする。独自の視点とセンスを活かした一眼レフ撮影や動画撮影が強み。

ヘア・メイク・技術カテゴリの最新記事